未練がましく囁くI Love You

 

※気持ちの整理のために

 

 

 

 

離れている間になんとなく自分の応援スタイルというのが見えてきて。

推しが出来ないグループに熱は上げられないんだなと。

コンサートも2回は入ってたんですけど、今年は1回で終わってしまいました。

もう一度見たいという欲や熱が湧いてこなかったからです。

欲しくてたまらなかったファンサも、絶対ほしい!ではなくてやってくれたらラッキーくらいの軽い心持ちだったり。

自担が他を構ってる姿を見ると嫉妬心を燃やしていたのに、今回はそこまでの嫉妬ってまったくなくて。

そりゃ好きだから多少は自分も構ってほしいとは思うんだけど、諦めがつくようになったというか。

逆に前までが重すぎたのかもしれないけれど。

開演前の期待が大きすぎて終演後に少し物足りないと感じることが多かったのに、今年の終演後にはそれがありませんでした。

会場が小さいので物理的な距離が近かったこと、事前に心配していた柱で見えないということがあまり(もちろんダダ被りで見えない時はあった)なかったこと、そして彼らに期待しなかった(出来なかった)ことが要因なんじゃないかと思います。

どんなコンサートなんだろうなぁくらいの気持ちで行ったので普通に楽しめました。

別Gのコンサートはフラットな気持ちで行くので本当楽しめるんですよ。

今回はそれに近かったです。過度な期待は自分を苦しめるだけですね。

 

正直に言うとこの3ヵ月で何度も担降りしようと思いました。

私が降りたところで自担にはなんの影響もないし、他に支えてくれる人がたくさんいる。

顔を見るたび、声を聞くたび、苦しくてもやもやとした気分になるくらいなら、まだまだ成長途中の別Gの某くんを見ていた時のほうが温かい気持ちになれるし。

なによりそのGはメンバーがメンバーを想い合っていて、ファンのことも大切にしてくれてるんですよ。

ファンに対しての愛を分かりやすく言葉にしてくれて、置いてけぼりになりそうになると手を引いてくれる。

幸せで満たされた気持ちになって相思相愛ってまさにこんな感じなんだなと。

ついていきたい、支えたい、一緒にてっぺんを目指したい、そう思ったんです。

そう思ったのに、私はいまだに担降り出来ていません。

苦しくてつらいのに手を離しきれない。笑顔を見ると可愛くて守りたくなっちゃうし、ダンスを見ると惹きこまれちゃう。

それに担当を名乗れなくなるのが寂しいんです。なんだかんだ言いながら支えの一人になりたくて、まだ同じ景色を見ていたいと思ってしまう。

ダントツで一番好きだった頃に比べれば某くんとの差はだいぶ縮まってしまったし、見方によればそれはもう掛け持ちに入ってしまうかもしれない。

でも今も私の担当はただ一人、あなただけです。

全体の熱が下がっても、隣に幸せをもらえる場所があっても、私はもう少しここにいたい。

きっとこれからもふらふらするだろうし勝手なことを言うようだけど、帰ってくる場所はこの先も7人の元でありたいな。

 

 

好きだから、すんなり担降りなんて出来ないし。

好きだけど、少し離れていたいと思うし。

いっぱいいっぱい好きなところはあるのに、

少しの不満を消化しきれなくて苦しくてつらいよ。

弱くて、支えきれなくて、ごめんね。

 

ちょっとだけあなたのファンをお休みさせてください。

 

知る前には戻れない

※例の騒動から少し落ち着いた今の率直な気持ち。この話題が苦手な方はご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例の騒動から幾日か経ちました。最初は彼・元カノ・今カノの3人が話題の対象であったのに、気づけば周りのメンバーまでも巻き込まれて多数の嘘か真か分からない情報が飛び交い始めました。自分では確かめようのない情報達はただただ私を苦しめ、混乱させ、憔悴させました。もちろん、これはどう考えたって嘘だろうという情報もありましたし、嘘ではないかもしれないと思ってしまうような情報もありました。けれど、これが嘘か真か断定できる証拠や事実を自分は持ち合わせていません。結局なにを信じ、なにを信じないか判断するのは自分の選択次第になります。

今回の騒動に乗っかって暴露されていく情報の中に、私の担当の話も含まれていました。どこかで飛び火するような予感はしていました。この数日間で少し慣れてしまった部分もあったのでしょう、火種になった件を知った時よりも衝撃はいくらかマシだったのです。それはもしかしたら『担当はそんな事をする人ではない』と信じる気持ちと、『たとえそうだとしてもそんな所も含めて好き』と少し盲目的だけれど許容してしまう気持ちからだったかもしれません。担当だからといって全て理解している訳ではないし、それこそ担当の事だって表の見えている部分しか知りません。でも私から見えている担当は自分の立ち位置を確立させようと挑戦を繰り返し、与えられた仕事をきちんとこなしながら次に繋げられるように努力を惜しまない人です。担当の事をそう認識しているからこそ、少しの動揺はありながらもそこまでの衝撃がなかったのかもしれません。(現実逃避した感も否めませんし、表でアイドルをやり切ってくれるならばそれでいいという思いもありました…)

私がこの件で担当ではない彼に失望した大きな理由は、自分の中にあった彼のキャラから大きく逸脱した現実の彼の姿を知ってしまったからなんだと思います。踊れない・歌えない・でも一生懸命でみんなのお母さん、というキャラのままを彼だと思い込んでいました。アイドルとしては致命的な欠点だけれど一生懸命にやってこうなのだから仕方ないとそれさえも個性にして、しかもそれが許されて。そんなお茶目な憎めない面もありつつお母さんという常識人キャラを持ち合わせている魅力的な人だと信じていたのです。魅力的な人だから恋愛だってしているだろうし、彼の選んだ人なら相手も常識的で秘密を守り抜くような人だろうと勝手に思い込んでいました。まさか彼もお相手もこんな緩い人だったとは。勝手に作り上げた理想と現実のギャップが大きすぎて失望するなんて、なんて身勝手なんだと正直自分でも思います。

知らなくていい情報、避けて通れたであろう情報、それらを知りたいと探る選択をしてしまったのは自分自身です。そしてそんな真偽不明な情報を知ってから、グループ活動を以前より楽しめなくなっている自分がいます。完全に自分で自分の首を絞めています。知らなければ今も純粋に楽しめていたんだろうなと思うと悲しいです。でも知ってしまった以上知らなかった頃には戻れないし、今の私にはそれを知った上で彼らと向き合って応援していく術を見つけるしかありません。熱量は確実に減りましたが、それでも離れるという選択肢がないのが今の私の現状です。脱退・解散・充電とさまざまな意見がありますがメンバーでとことん話し合って、それぞれ身辺整理をして、グループを立て直してほしいと思います。これだけ色んな感情が交錯するのも結局離れられないのも『好き』が根底にあるからなので。だからどうかこの『好き』が少しでも長く続きますように、と祈るしかありません。

 

 

沈んだ夕陽は昇らない

まさか初めて投稿する記事がこんなに気分の悪いものになるなんて思いませんでした。でも思ったこと、感じたことをありのまま残しておきたいので、この先を読まれる方はご注意ください。

※真偽のほどは分かりませんが、とりあえず目に触れたものに対する思いの丈を吐き出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、失望しました。

そんな女を選び、ファンを裏切り、自らも匂わせていたプロ意識の欠片もないあなたに。ルールやモラルを説いていたあなたの実態がこれですか。よくそんなことが言えましたね。

彼女と映画を見たり、カップ麺を食べたり、手を繋いで寝転んだり、犬とじゃれる姿を撮影したり。年下の彼女にどれだけどっぷりだったのかが嫌というほど伝わってきて今は嫌悪しかないです。

30歳で兄弟や周りが結婚、そして育児に勤しむ中、自分もいつか家庭を持つんだと夢見て恋愛するのは仕方ないですし、どうぞ勝手にしてください。隠れてこそこそひっそりなら文句は言いません。でもなんでそれを出しちゃう?バレても誰かがなんとかしてくれると思った?なんなら一般人に戻って本気で結婚するつもりだった?

グループにとっても本人にとっても今が大事な時なんじゃないんですか。チケットの当落日だって迫ってるし、本当に最悪のタイミングでボロボロ出てきてますよ。

みんなが行きたくて必死に応募したチケットだって、彼女はあなたに用意してもらえると自慢までする始末。そうやって自分は特別なんだと誰が見てるか分からない場所でポロッと吐いちゃうような足りない人ですよ。あなたが今熱を上げて可愛がっているその女は。

もしもっと大きな事が漏れてグループの活動に影響が出たら責任取れますか?仮にもアイドルなんだからもう少し自覚を持ったらどうですか。自身が商品。あなたに価値を感じなくなったらそれでお終いなんですよ。

匂わす女も、元カノと同じ写真を公共の電波にのせたり今カノを匂わせるあなたも、本当に気持ちが悪いです。大好きだったコンサート映像も、思い出の詰まった合宿映像も、全部見たくなくなってしまいました。こんな人を今まで応援してたんだって自分が情けなくて、悲しくなってしまいます。

まぁこれだけ言ったって本人の耳には届かないし、痛くも痒くもないだろうし。逆にこれだけ言われる彼女をさらに守りたくなるかもしれません。皮肉なものですね。

 

 

 

散々色々吐きましたが、私の担当は彼ではありません。

でも担当ではないからこそここまで怒りが湧いてくるのかもしれません。

 

 

 

 

お願いだからもう悲しませるような事はしないで。